恋が生まれる条件とは?恋心のウラには損得勘定が隠れている?

この人と恋愛したい!そう思った時に、心のどこかで

「この人と恋愛して結婚出来れば、良い生活が出来る!」「だから好き!」という、損得感情で恋をする事ってありませんか?

人は一般的には「恋をするとドキドキする」と言われていますが、意中の人を目の前にすると、脈拍や心拍数が上がり、いつもよりテンションが高い状態になってしまうものなんです。

しかしそんな状態になっているにも関わらず、頭の中では「お金持ちになれば幸せになれる」とか、「出世する人だと幸せになれる」などどいう発想を持ってはいませんか?

今回は、ドキドキする状況の状況になる事で、そのドキドキを相手への好意や恋愛感情だと思い込み、恋に落ちてしまうメカニズムや恋心の裏側をご紹介します。

生理的な興奮状態が恋する気持ちに拍車をかける

有名な心理学者らによる実験がありますが、被験者男性に「高さ3mの固定橋」と「高さ70mの吊り橋」のどちらかを渡ってもらい、橋の上でアンケートに答えてもらいました。

アンケートを答えるのは女性が行い、男性には連絡先を渡した結果、女性に連絡をしたのは圧倒的に「吊り橋」を渡った男性だったため、有名な心理学者らは、不安定な吊り橋を渡るドキドキを恋愛感情によるドキドキと勘違いしたのだと推論しました。

これは「吊り橋効果」と言って、恋愛心理学を読んだ事がある人には有名な効果ですね。

 

心臓の高鳴りは恋が始まるサイン

異性を見て、胸がドキドキするという状態の時に恋が生まれやすくなりますが、では恋をする事によって、私たちの心にどの様な変化があるのでしょうか?

恋→「PEA」が分泌される
PEA(フェニルエチルアミン)は、一種の脳内麻薬とされ、PEAが分泌されると、恋する人の体に変化が現れます。
ポジティブになる
PEAによって独特の興奮や快感が得られるため、毎日が楽しくなったり、前向きになったりする。
綺麗になる
PEA(フェニルエチルアミン)は体を活性化して食欲を抑える効果があります。お肌の状態が良くなったり、痩せる作用が働いたりするので、外見上「綺麗になった」と言われる事が多くなる。
PEAは恋以外でも分泌されます
  • チョコレートやチーズやワインなどの発酵食品には、PEA(フェニルエチルアミン)が少量含まれている。
  • 非常に美味しいものを目にすると、PEA(フェニルエチルアミン)が分泌されると言われている。

 

メリットを求める恋愛には落とし穴がある!

目的に向けてがむしゃらにひた走り、目標を達成しようとする人の心理といえば、「相手を獲得する事で幸せになれる」と自分を取り繕ってしまい、そうやって獲得した相手と恋愛関係や結婚に進んだとしても「こんなはずじゃなかった」という事をしてしまいます。

たとえ目標を達成したとしても、その人は本当に幸せになれるのでしょうか?

意外と無理をして、過程を顧みず突っ走ってしまった人は家庭が崩壊してしまい、幸せとは程遠い暮らしになってしまうかもしれません。

 

自分が幸せであることが大切

自分が求めてしまう恋愛の根底には、「自分の不安を解消したい」という「生理的欲求」を満たしたい心理があり、「生理的欲求」とは、衣食住を満たすことや病気を治すことなど、人間が生きていくために必要とすることです。

それを満たすことを目的にした恋愛だと、どこか空虚で満たされずに、喜びや幸福感には繋がりませんので、お互いを理解し心が結ばれる恋愛とは、今現在「自分は幸せだ」という「幸福優位」であることを前提にしましょう。

 

まとめ

好きな人がいるならば、自分自身の気持ちを見つめ直して、今の気持ちは本当に恋なのか?自分のメリットを追うだけの気持ちになってはいないか、将来のメリットを考えた恋は虚しい日々が待ってるだけで、空虚感は満たされません。

少しでもメリットを追い求める気持ちがあるならば、まずはその観念を捨てることから始めましょう!

最新情報をチェックしよう!
error: