宮沢氷魚の母親は若い頃の画像が美人過ぎ!人気パーソナリティだった

宮沢氷魚さんの母親は誰なのか?という話題で盛り上がっていますが、父親はシンガーソングライター兼俳優の宮沢和史さんという事は有名ですよね。

しかし、母親は誰とは大きく話題となっていません。

宮沢氷魚さんの外見を見ると、髪の毛の色が茶色ことと、目の色が少し薄い感じがするので、ひょっとしたらハーフではないかとも噂されています。

そこで今回は、宮沢氷魚さんの母親について調べてみました。
 

>> プロフィール詳細 & 記事一覧 <<

宮沢氷魚さんの母親の若い頃は美人過ぎるパーソナリティ

宮沢氷魚さんの母親は、情報番組のコメンテーターとして活躍されている「光岡ディオン(みつおかでぃおん)」さんです。

光岡ディオンさんは、1965年07月15日にアメリカ人と日本人のハーフとして産まれ、その後は、1987年に文化放送「旺文社大学受験ラジオ講座・英語講座」でメインパーソナリティーとして活躍されて、その後はTOKYO FM「POPS BEST10」や、FM802「MUSIC GUMBO」など、数多くのラジオ番組のと、テレビ番組では、NHK教育「英語ビジネスワールド」に出演されるなどして、ラジオのパーソナリティだけではなくタレントとしても活躍されていたんですよ。

芸能活動以外では、埼玉大学の英語講師としても活躍されており、バイリンガル・パーソナリティーの先駆けとして、多くのファンを魅了していました。

なお現在は、フジテレビで放送されている「直撃LIVE グッディ!」のコメンテーターとして出演されています。

宮沢氷魚さんの母親(光岡ディオンさん)と父親との出会いは?

光岡ディオンさんと宮沢和史さんの出会いは、光岡ディオンさんのラジオ番組に宮沢和史さんがゲストで出演したのをきっかけに、交際をスタートさせたそうです。

その後は1994年に結婚し、1994年04月に長男の宮沢氷魚さんが産まれているのですが、おや?結婚した年の4月に長男がすぐに産まれているという事は・・・

現在で言う「授かり婚」だったのかもしれませんね。

宮沢氷魚さんの母親(光岡ディオンさん)のまとめ

光岡ディオンさんは、アメリカ人と日本人のハーフとして産まれ、日本語だけでなく英語も堪能なバイリンガル・パーソナリティーの先駆けとして、多くのファンを魅了していました。

宮沢氷魚さんの母親だと言う事を、まだ知らない人も多いのではないかと思いますが、宮沢氷魚さんの目の色が少し薄い感じや、髪の毛の色が茶色い感じなど、外見を見てハーフではないのかと噂されていますが、宮沢氷魚さんの母親が光岡ディオンさんなら納得ですね。
 

>> 宮沢氷魚さんの記事一覧はコチラ <<

最新情報をチェックしよう!
error: