好きな人とずっといい関係で居られるポジディブ感情のメリット

好きな人とずっといい関係で居られるっていいですよね。

好きな人といい関係を築く為には「感情」と「脳の問題解決能力」が必要になるみたいですよ!

そこで今回は、好きな人とずっとい関係で居られる方法をご紹介させて頂きます。

感情を司る脳が問題解決する能力を極める

感情を司る脳の問題解決能力を使って「ポジディブ感情」を引き起こし、人間が抱く幸福感と関連して、幸せや喜びや満足感などに満ち足りた情緒を作り出すことです。

人間は「ポジティブ感情」でいることにより、物事を広い目で見ながら柔軟に考える事が出来るので、自己判断をする事で自分の考え方の歪みを正し、相手を正当化せずに冷静に捉える事ができます。

一方で、自分は「不幸だな」などどいうネガティブな感情の状態になってしまうと、相手への依存心が高くなってしまい、相手の容姿などの一部だけで判断してしまいがちになってしまいます。

こういった考えは人間の「感情」と「脳の問題解決能力」とが深く結びついていることでもあり、ネガティブな感情を打ち消す為にはポジティブな感情を引き出して、問題解決をより円滑に進めていき、困難にも柔軟に対応して、好きな人といい方向に進みやすくなるのです。

打ち解けやすい人は共通点が多い人

恋愛に限らず、共通点を発見したことで相手との距離がグッと縮まる経験をした事はありませんか?

付き合い始めの段階で鍵となるのは、ポジティブ感情と類似性を併せ持つ事によりますが、よく、似た者同士は一緒に居てもリラックス出来たり、話も弾んだりしますよね。

パートナー選びでは、お互いにつりあってると感じられるかどうかも重要となりますので、お互いに居心地よくいるためには、自己評価の度合いがよく似たポジティブ感情を持った相手である事が大切なのです。

ポジティブな人は明るい性格なのか?

ではポジティブな人ですが、まずは自分が求めている目標を達成するために一番最初に行動する事が多いです。

しかし、「積極的である」、「前向き」、などをポジティブ感情と言いますが、ポジティブ感情を担うためには、むやみやたらに明るく振る舞ったり、何があっても前向きに捉えれば良いというものではありません。

私達は身体的魅力が自分と使い人をパートナーに選ぶ傾向があり、あまりにも魅力的な相手を目の前にすると、無意識のうちに引け目を感じてしまい、拒否してしまう傾向があります。

なお、恋愛においても同様の考えで、相手のありのままの姿を理解したら受け止めてあげ、いい面を見つけたり感謝したり、共感したりすることを積極的に行うことで、初めてポジティブ感情が培われていき、お互いが居心地良くいる事が出来るのです。

まとめ

自分の好きな人と、いい関係で長くお付き合いをしていくには、「感情」と「脳の問題解決能力」が必要となり、常にポジティブ感情で生活する事が、ずっといい関係を続けられる最善策となりますね。

お互いに居心地良く居るためには、自己評価の度合いがよく似た相手であることが大切なことと、ネガティブな感情が優位になってしまうと相手の一部分しか見えなくなってしまうので、極力はネガティブ感情を出さないように気を付けなければいけませんね。

最新情報をチェックしよう!
error: