フラレても挽回できる?泣いて目が腫れても幸福感に包まれる

突然、付き合っていた彼から別れを切り出されたら、あなたならどうしますか?

恋愛には自分では予期せぬ、悲しいことやショッキングな出来事もあり、思わず泣いてしまうこともありますよね。

今回は、悲しいことやショッキングな出来事があって泣いたとしても、実は幸福度がアップするという事をご紹介します。

悲しみの後に包まれる幸福感

恋愛中に突然予期せぬ出来事があり、悲しいことやショッキングなことで思わず泣いてしまうことがありますよね?

泣くという行為には、ポジティブなものとネガティブなものという相異なる2種類の泣き方がありますが、彼にフラレたときにはネガティブな泣き方となります。

しかしネガティブな泣き方になったとしても「泣く」という行為には、実は幸福度のアップにつながる行為でもあるんです。

悲しくて泣いてるのに、なぜ幸福度アップにつながるの?と疑問に感じるかと思いますが、実は泣くという行為自体が「自律神経の働き」という面から説明できるのですが、体の各器官を調整している神経の「交感神経」と「副交感神経」の働き方によることで説明出来ます。

緊張したり興奮したりすると交感神経が優位になり、ストレスで張り詰めたような状態が続いて、心臓がドキドキしたり血圧が上昇するなど、心にも体にもいい状態ではない状態のところに、実は副交感神経がブレーキをかけてくれて、リラックスした状態へと導いてくれているのです。

したがって、彼にフラレてショックを受けた状態は、まさに交感神経が優位になっている状態となり、そこで悲しくなって「泣く」ことで副交感神経を優位にさせれば、一気に緊張がほぐれてしまいますので、泣き終わる頃にはすっきりとして幸福感に満たされてくるという流れになります。

失恋から早く立ち直るためには

大好きな彼から別れを告げられた後は、その人のことがいつまでも忘れられずにいた経験はありませんか?

何が行けなかったんだろうと理由を探し求めたり、彼と過ごした時を何度も思い返したり・・・

しかし、その辛さから逃れようとして、相手のことを考えないようにすることは、実は逆効果だということをご存知ですか?

考えちゃ駄目だと思うと余計にでも考えてしまうのが人間で、別れた相手に連絡を取りたくなる場合もありますが、連絡を取ることをやめて、いっそ思いっきり泣いてしまうことをオススメします。

まとめ

以上、泣くという行為は幸福度のアップにつながるということを紹介させて頂きましたが、「泣く」という行為はそんなに難しくはない事ですので、彼にフラレて失恋した時には、いつまでもウジウジ悩むことは辞めて、さっさと泣いて幸福度を高めたら、次の新しい恋へと進んで頂きたいですね。

最新情報をチェックしよう!
error: