男女の恋愛心理の違い!お互いを理解して恋愛すればうまくいく

恋愛をする上で、男女に生じる小さな不満があるかと思いますが、女性として「なぜ、彼は私の気持ちが分からないの?」と思い、男性としては「彼女が何を考えているのか分からない。」など、お互いに不満を口にすることがあります。

この不満が発生する原因は、お互いが男女の特性を理解していないまま、自分の価値観で相手を見てしまっているために起きている不満なのです。

そこで今回は、この様な男女の違いの心理を読み取り、小さな不満がやがて大きく膨らんでしまい、二人の間に亀裂が生じないようにする方法をご紹介致します。

男女の脳の違いは満足度の違いによる

脳の構造は男女に違いがあり、感情の処理や記憶に関連する「扁桃体(へんとうたい)」や左右の脳をつなぐ「脳梁(のうりょう)」も、男性より女性の方が大きくて、これにより男性と女性の思考に違いが生じる原因となっています。

また、男性は愛情をかけてもらっても女性ほど満足することはなく、それよりか何かを達成したときの方が満足感を得やすい脳となっています。

その事を踏まえて、男女の脳の違いを理解しておくことが、いい恋愛関係を築いていくためのポイントとなることを覚えておきましょう。

男性と女性の間に生じる小さな不満

また男性と女性では、脳の仕組みの違いによって生理的、心理的にも大きな違いがあることをご存知ですか?

心理的に男性は、女性の気持ちを読み取りにくかったり、話を聞いていないように見えることが多々あり、その反対に女性は、時間を気にせずに買い物をしたり、脈絡のないおしゃべりが大好きですね。

恋愛をうまく進めていくためには、こうしたお互いの特性を理解する事から始まり、日々の交友の中で相手を思いやり、貢献する気持ちを育むことで幸せ感情が構築されていくのです。

その後そうして相手を自然と受け入れられて、いい恋愛、いい結婚へと発展するのです。

友達から恋人に変わる瞬間

何でも話せる異性の友達というのは、とても貴重な存在ですが、そんな貴重な存在の異性の友達が、いつの間にか友達から恋人候補へ変わっていく事ってありますよね。

男女の仲は難しいもので、友達だと思っていた相手を、いつの間にか異性として意識してしまうこともありますが、果たして男女の友情は成立するのでしょうか?

こういった話は、賛否が分かれる命題ですが、恐らく「男女の友情は成立する説」に賛成するのは、男性よりも女性に偏ってしまっていると思われ、これも男性と女性の脳の仕組みの違いによる心理的なものの一つで、女性に比べて男性の方が友情から恋心に変わりやすい心理を持つためだからです。

男性は異性の友達に対して、性的関心を抱きやすくなり「もしかして恋愛感情をもたれているのでは?」などと、勘違いしやすい事も分かっています。

なお女性の方は、異性に対する友情と恋愛感情を区別して考える傾向があるので、「男女の友情は成立する説」に賛同するのは女性が多いことになります。

まとめ

愛の形は様々ですが、付き合いが深くなると、恋愛感情は友情に似た感情に変わっていくとも言われますが、男性と女性には、脳の仕組みの違いによって生理的、心理的にも大きな違いがあることをお互いに認識したうえで、恋愛をうまく進めていかなければなりませんね。

最新情報をチェックしよう!
error: