恋愛もビジネスも第一印象が大切!第一印象がもたらす影響とは?

初対面の出会いにおいて,第一印象はすごく重要です。

もちろん,「はじめはあまりいい印象は持たなかった人でも,知っていくうちにいい人だと分かる」というケースもありますが,それは学校や職場など毎日のように顔を合わす環境だからこそ可能なことで,基本的に人は第一印象で相手を判断してしまいます。

また,第一印象は数秒で決まってしまうとも言われており,一度決められた印象を覆すのは非常に難しいとも言われています。

恋愛からビジネスまで,全ての対人関係で避けては通れない「第一印象」。

良い第一印象を持ってもらうことが出来れば,あなたの対人関係は今後より良くなっていくことでしょう。

今回はそんな「第一印象の重要性」について,書いていきたいと思います。

人は第一印象で相手を判断してしまう

 

「人を見かけで判断するな」と親や先生に口酸っぱく言われた経験がある人も多いと思いますが,逆に言えば口酸っぱく言わなければ(言ったとしても)人は基本的に見かけや第一印象で相手を判断してしまうということです。

 

例えば,お店に入った時に第一印象が鈍臭そうな店員さんはその後何をやっても鈍臭そうに見えてしまいます。

仮にこの店員さんが注文したものをなかなか持ってこなければ「ちゃんと注文通っているのかな?」と不安になってしまいますよね?

一方で,第一印象がテキパキとしていて元気な店員さんだった場合,同じように注文したものをなかなか持ってきてくれなくても「忙しいのかも知れない」と好意的にその状況を飲み込んでしまいます。

同じ状況であっても,第一印象が違うだけでその後受ける印象も大きく変わってしますのです。

これを心理学では「初頭効果」と呼びます。

初頭効果とは

初頭効果とは,最初に与えられた情報が後の情報に影響を及ぼす現象のことで,人や物に対する第一印象が長い間残り続けるのも初頭効果の影響です。

この初頭効果の実験として有名なものが,言葉の順序によって受ける印象が異なるというものです。

 

ここにAさんとBさんが居るとします。

 

Aさんの人物像は,
「知的,賢い,面白い,嫉妬深い,短気」です。

 

一方のBさんは,
「短気,嫉妬深い,面白い,賢い,知的」です。

 

二人とも全く同じ特性を持っているにも関わらず,Aさんの方がBさんより良い印象を受けたのではないでしょうか?

このことから最初に与えられた情報(第一印象)を元に人は物事を判断する傾向があることが分かります。

初対面の時は,良い印象を持ってもらえるように気をつけよう

 

これまで,人は第一印象で相手を判断してしまうというお話をしてきましたが,だからこそ,初対面の人と会うときなどは身だしなみや言葉遣いなどに多少気をつけてみるようにしましょう。

恋愛の場合,第一印象が悪ければ次回の約束もできず,それっきりになってしまうことも少なくありません。

せっかくのチャンスを掴んだのならば,そのチャンスを逃さないためにも第一印象に気を配ることは大切です。

第一印象に気を配ると言っても,全身ブランド服でフルコーデ!ということではありません。

些細な言葉遣いや仕草,清潔感などを気にかけるようにしましょう。

また,自慢話や自分の話ばかりをするのもNG。相手の話をうまく聞いてあげることで相手からの第一印象は良いものとなるでしょう。

まとめ

今回は,「第一印象の重要性」について書いてきましたがいかがだったでしょうか?

「人を見かけで判断するな」と言われることがありますが,私の一意見としては「人は見かけで判断して良い」と思います。

海外では肥満な人や歯が汚い人は自己管理ができないと判断され,信用されないという話がありますが,実際そのような人は自己管理が甘く,仕事もあまりできないでしょう。

私は見かけを磨くことは中身を磨くことだと思っています。

自己管理をしっかりとして,清潔感があり,言葉遣いも綺麗で,気が利くなど見た目を磨ける人のになれれば,第一印象は自ずと良くなります。

見かけを磨くことで,あなたの対人関係はさらに良くなっていくことでしょう ^^

最新情報をチェックしよう!
error: