【京都縁結び】今宮神社で恋愛運アップ

京都市北区にある「今宮神社(いまみやじんじゃ)」は、別名「玉の輿神社(たまのこしじんじゃ)」とも言われ、玉の輿に乗りたい多くの女性が訪れています。

「玉の輿」の言葉の起源と言われる「お玉」は、三代将軍家光公の側室となって綱吉を生み、その後は将軍の生母として大奥で権勢をふるい、従一位の高位にまで昇り詰めた人物です。

今回は、玉の輿の語源となった女性と深く関係がある神社「今宮神社」をご紹介します。

今宮神社とは


縁結びでお願いをするときに「お金持ちと結婚したい!」と願う人がいますが、そんな女性にぜひ訪れていただきたいのが、こちらの今宮神社。

玉の輿の語源となった女性と縁の深い神社で、その女性の名前は「お玉さん」と言います。

江戸時代、八百屋の娘だったお玉さんは、徳川3代将軍家光に見初められ側室になり、産んだ子どもはその後5代将軍綱吉となります。

後に、桂昌院(けいしょういん)と呼ばれる様になった彼女は、女性として最高位の従一位まで上りつめたのですが、まさに絵に描いたようなお話ですね。

桂昌院は、故郷西陣にあるこの今宮神社の再興に尽くしたと言われ、そんな桂昌院にあやかって玉の輿を夢見る女性が多く訪れています。

ご利益

祭神 奇稲田姫命(くしなだひめのみこと)
大己貴命(おおなむちのみこと)
事代主命(ことしろぬしのみこと)
素盞嗚尊(すさのをのみこと)
ご利益 健康長寿
良縁開運
お祭り 今宮祭神幸祭
織姫社七夕祭
例祭
除夜祭 など

 

玉の輿守り

名物「玉の輿守り」は良縁・開運に良く、西陣織で作られたお守りの袋には、にんじんや大根、なすびなど野菜の絵柄がついていて、5食の色からお好みの色を選ぶことが出来ます。

あぶり餅

祭事で用いられた竹や供え餅を、参拝する人々に厄除けとして提供したのが始まりとされています。

親指大にちぎった餅にきな粉をまぶし、竹串に刺したものを備長炭であぶって、白味噌のたれをかけて食べる。

神社へ参拝した後で名物「あぶり餅」を食べると、その一年は無病息災となるそうです。

今宮神社へのアクセス

名称 今宮神社
住所 京都府京都市北区紫野今宮町21
電話番号 075-491-0082
拝観時間 境内自由
公式ページ http://www.imamiyajinja.org/
アクセス
最新情報をチェックしよう!
error: