【奈良縁結び】大神神社で恋愛運アップ

奈良県桜井市にある「大神神社(おおみわじんじゃ)」は、ご祭神の大物主大神(おおものぬしのおおかみ)が山に鎮まるために、本殿は設けずに拝殿の奥にある三ツ鳥居を通して三輪山を拝するという、原初の神祀りの様を伝える日本で最古の神社です。

神社の古い縁起書には頂上の「磐座大物主大神(いわくらおおものぬしのおおかみ)」、中腹の「磐座(いわくら)」には「大己貴神(おおなむちのかみ)」麓の「磐座(いわくら)」には「少彦名神(すくなひこなのかみ)」が鎮まると記されています。

今回は、歴史が深く格式のある「大神神社」をご紹介いたします。

大神神社とは

仏様ではなく自然そのものを神として讃える「自然崇拝」が伝承されている、日本最古の神社であり、そのご神体は三輪山になります。

境内は、強力なパワースポットとして有名で、三輪山に座している神様は大物主大神。

国造りの神様であり、人間生活全般の守護神として、すべての幸福を願うことができる神様です。

そのご利益は農業、工業、商業すべての産業開発、 方除(ほうよけ)、治病、造酒、製薬、禁厭(まじない)、交通、航海、縁結びなど人間生活全般にわたります。

ご利益

祭神 大物主大神(おおものぬしのおおかみ)
大己貴神(おおなむちのかみ)
ご利益 縁結び
治病
まじない など
お祭り 繞道祭
成願稲荷神社例祭
三枝祭
観月祭
除夜祭 など

 

三輪山

三輪山は、奈良盆地をめぐる青垣山の中でもひときわ形の整った高さ467メートル、周囲16キロメートル、面積350ヘクタールの円錐形の山です。

古来、大物主大神が鎮しずまる神の山として信仰されており、松・杉・檜などの大樹に覆われて、一木一草に至るまで神宿るものとして尊ばれています。

 

蛇の手水鉢

大物主大神の化身は白蛇とされています。
手と口を清める手水鉢は、一般的な龍ではなく蛇となっています。

手水舎の後ろにある「しるしの杉」は、三輪の大神があらわれた杉の一つとされています。

 

夫婦岩


健康や安全・交通に酒造の他にも、ありとあらゆるご利益がある大神神社ですが、女性からの人気が急上昇している縁結び。
その理由のひとつがこの恋愛パワースポットの存在です。

拝殿から二の鳥居の方に戻り、参道の右手へ行くと、二つの岩が仲良く寄り添っています。

これは【夫婦岩】といい、縁結び・恋愛成就・夫婦円満にご利益があるとされる、霊験あらたかな磐座(いわくら/神様が宿る石)です。

寄り添う石には大物主大神と人間の女性の恋物語があり、「赤い糸をたどると、三輪の社まで続いていた」というロマンチックな伝説が残っています。

 

なで兎

 

この投稿をInstagramで見る

参拝後、なで兎も撫でて運気アップと、身体の弱ってる所も念入りになでなでして、いざおみくじ! 今年は•••まさかの家族全員大吉!!これはお正月から縁起がいい(༼•̀ɷ•́༽)✨ その後、狭井神社へ行く途中で遅めのお昼に天ぷらにゅうめんを食べてから参拝。薬井戸のご神水を頂いて久延彦神社へ✨ムスメ達は真剣に受験合格祈願をしてました( ≖ิ‿≖ิ ) 参拝後は今西酒造さんの甘酒で一息ついて、みむろの最中とおしるこを手土産に帰宅✨ 今年も良い一年になりますように(*-人-)✨ #狭井神社 #久延彦神社 #寺社仏閣 #奈良 #日本最古の神社 #なで兎 #薬井戸 #ご神水 #御朱印 #おみくじ #大吉 #酒造の甘酒 #みむろ #最中 #おしるこ #にゅうめんは美味しかったけど、天ぷらは海老の尻尾はあれど海老天にあらず( ̄▽ ̄)天カスにゅうめんでした←

docodonさん(@docodon0704)がシェアした投稿 –

大神神社の祭神は、「因幡の白うさぎ」を助けたことでも知られる大物主大神で、そのことからも兎と縁が深いのです。

参集殿の玄関には「なでうさぎ」と呼ばれる兎が、訪れる人を迎えてくれます。

兎の置物を撫でると身体の痛いところを癒してくれる、また願い事を叶えてくれると言われるようになりました。

今では多くの参拝者に撫でられて、いつもピカピカに輝いています。

大神神社へのアクセス

名称 大神神社(おおみわじんじゃ)
住所 奈良県桜井市三輪1422
電話番号 0744-42-6633
拝観時間 境内自由
公式ページ http://oomiwa.or.jp/
アクセス
最新情報をチェックしよう!
error: